2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.12.03 (Thu)

練習法~上級編~



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




仕上げの段階で「もう一段、上に行きたい」と思った時によくやる方法です。

それは

THE 軍手

薄手のピタっとしてる手袋やイタリア製の素敵な手袋じゃダメです。
白くてゴワついたあの軍手です。



これをつけて弾いてみると、当たり前ですがまぁなんとも弾きにくい!!
滑るし転ぶし音は浮くし、
いつも出来ることが全く出来ない!!
速いパッセージなんか何弾いてるかわからないくらい音がデコボコになったりします。

でも
必死で滑らないように鍵盤を捉えようとします。
転ばないように細心の注意を払いながら弾かねばなりません。


仕上げの段階までくるとついつい疎かになってしまっていたことが
軍手をつけていつのも感覚じゃなくなることによって再認識できるのです。



そして軍手を外して再度演奏した時の驚きったら
指先の感覚がとてもクリアになってることにびっくりします。


この練習方法、後で知ったのですがピアニストのトリフォノフも行っているのだとか。


時間のある時にでも試してみてください




注意
個人的に、この練習方法はあくまでも仕上げの段階で有益と思います。
運指(指番号のこと)や手の形が確立していない段階ではこの練習方法は逆に指が混乱してしまいます。
まずはしっかりと仕上げの演奏が出来るように素手で練習を重ねましょう
関連記事
スポンサーサイト
13:26  |  練習法  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |