2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.06.21 (Wed)

コンクールに出るという事



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




コンクールの予選を受けてきました。

そう、生徒のコンクール引率ではなく、私自身が予選に出てきました。

先生してるのに、なぜコンクール出るんですか?
ってたまーに聞かれます。
だって、もっとピアノ上手くなりたいですもん!!
もっともっと素敵な演奏が出来るようになりたいし、まだまだ勉強すべきことが山のようにあります。
もちろんコンクール出なくったって練習すれば上手になるでしょう。
でもシビアに点数がついて合否が出るコンクールというものに挑戦する事は、
すぐに怠けてしまう体たらくな私にとっては一番効果的なモチベーションアップになっているような気がします。

何よりコンクールに出る生徒達の気持ちが、きっと生徒のお父さんよりお母さんより誰よりもわかる!!
「せんせー心臓が口から出そう~
「大丈夫!!どんなに緊張しても心臓は口から出ない!!」
って笑ってステージに送り出せるのも、自分が本当に口から心臓出そうになったことが何回もあるから。(笑)

先生が通過したから私も頑張って通過したい!!と頑張ってくれてる生徒達にも、
良いお手本にはなれていないけれど、少なからず励みにはなっているようで嬉しいです。


さて、今回の予選での最大の収穫だったこと

YAMAHAのCFXを初めて弾いた!!

CFXと言えばYAMAHAの最高峰に君臨する最新のグランドピアノ。
世界的コンクールなどにも使用されているタイプです。


心臓バックンバックンなりながら舞台袖からステージに向かっていくと
ふと「CFX」という表記が目に入り、逃げ出したい気持ちから一転、
早く弾いてみたい!!と一瞬にして180度気持ちが反転したゲンキンな私。(笑)

最初の一音目を弾いた瞬間、あまりの透明度と繊細な響きに感激してしまいました。
天国ですか?Σ(゚д゚;) と思うような豊かな響き。
でも、噂に聞いていた通り、繊細過ぎて細かなニュアンスや分厚い和音のコントロールが難しい。
いや・・・難しいと感じてしまうのはただ単に私の技量不足ですね

いずれにせよ、ピーンと張りつめた緊張感の中、
良いホールに良いピアノでこんなにも音と自分に集中出来る瞬間を経験できるのもコンクールの醍醐味かもしれません。

CFXに助けられて、予選は無事通過。
二ヶ所目の予選と本選に向けてまた音楽に真摯に向き合っていきたいと思います。

札幌

写真は全プログラム終了後にホールの写真を撮っていたら
会場のスタッフさんが「撮りますよ~^^」と声をかけてくださり、あらためてCFXを弾いてる所を撮っていただきました。
ふきのとうホールのスタッフさん ありがとうございました!!
注意:コンクール審査中は基本写真撮影出来ません。ビデオ撮影なども会場の指示に従いましょう。




検索でこのブログを見に来てくださった方、ありがとうございますm(__)m
コンクールに挑戦されている方が多いのではないかと思います。
ピアノに注いだ時間や気持ちは、きっと何かしらの形で成長として現れると思います。
目の前の結果に一喜一憂してしまう気持ちはほんっとーーーーーに痛いほどわかりますが、
コンクールって素晴らしい音楽を演奏出来る自分に昇っていく為のただの階段。
軽快に昇っていけることもあれば、こけることもある。
踏み外してひっくり返ることもある。(笑)
私は何度もひっくり返ってます!!(なんの自慢にもならん)
それでも昇りたいと何度も起き上って頑張った人はきっと少しずつ昇っていくことが出来るんでしょう。
結局は自分の中でどれだけ音楽を高められるか、どれだけ音楽と真摯に向き合えるか、に尽きると思います。
コンクールに挑戦する自分を楽しめるよう、お互い頑張りましょう!!

関連記事
スポンサーサイト
11:28  |  コンクール  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |