2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.02.05 (Sun)

タランテラ



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




前回に引き続きブルグミュラーネタ

25の練習曲の中でも人気の曲「タランテラ」

まずは、タランテラってなんぞや・・・?というところから。


タランテラというのはイタリアのナポリの舞曲です。
タラントという町の名前が由来である
という説と、
毒蜘蛛タランチュラに噛まれるとその踊りを踊り続けなければならないという伝説が由来
という説があるようです。

タランチュラって聞くと真っ黒で毛むくじゃらの人の手くらいあるでっかい蜘蛛が有名ですが、
イタリアのナポリの由来となったタランチュラは1~2cmの小型の蜘蛛らしいです。


円舞曲でたいてい8分の6拍子(稀に8分の3拍子も)。

タランチュラに噛まれて踊る・・・

想像してみてください。



速い?遅い?

明るい?暗い?

穏やか?それとも激しい?


少しイメージできますね。
そう、速い!!
短調でアップテンポのかっこいい曲がほとんどです。



ほとんど というのは、「タランテラ」と題する曲はブルグの25以外にもたーくさんあるから。
リスト、ショパン、ラフマニノフの2台ピアノやメンデルスゾーンの無言歌集など
色んな作曲家がタランテラという曲を作っています。

映画好きな大人の方々なら、ゴッドファーザーの冒頭の結婚式で踊られていた曲がタランテラと言えばすぐわかってくださるかもしれませんね。


タランテラ





さてさて、こんな話をするとみんな爆速で、小学生達が速さを競う猫踏んじゃったみたいに、
ただ速いだけの騒音(失礼。笑)になりがち

でも、円舞曲なんです!!
みんなで踊る曲!!
リズミカルで踊りやすくかっこいい曲に仕上げましょう


このブルグのタランテラに関して言えば、最初の右手と左手の3連符が崩れがち。
特に3連符の2つ目、3つ目の音が流れちゃって、しょっぱなからグチャっと残念なタランテラになってることが多いです^^;
指をしっかり働かせて、
ゆっくりの練習もたくさんやって、
是非とも音楽がうねるような、引き込まれるタランテラに仕上げてくださいね!!
関連記事
スポンサーサイト
17:48  |  ブルグミュラー  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |