2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.05.18 (Mon)

コンサートに行く効果



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




突然ですが、ピアノのコンサートやリサイタルに行ったことはありますか?
アンサンブルのコンサートは?
オーケストラは?



コンサートに行って生の音楽を聴く時間



これって、ピアノを続けていく上で、実はとってもとっても大切な事なんです。
行かれた事がない方はぜひ足を運んでみてください。

演奏者の息遣いを感じたり、本当に1台のピアノかと思うほど七変化する音色に感動したり、
運が良ければ、ホールで聴いているのにどこか違う世界へ連れて行ってもらえるかもしれません。

うちの子まだ子供だしクラシックのコンサートなんて・・・・

そんな心配は全く無用です!!
子供だってピアノの音に感動します。
オーケストラの大迫力に驚愕します。
クラシックのコンサートは敷居が高いというのは大人が勝手に作り上げた幻想です。
華やかなドレスをまとって演奏する女性ピアニストに憧れを持つ女の子もいるでしょう。
迸るような男性ピアニストの演奏に衝撃を受ける男の子もいると思います。


ある生徒(男の子)はその子が小さい時からよくご家族でコンサートに行かれていました。
色々なピアニストのコンサートへ行くうちに、ある男性ピアニストの演奏に夢中になり、
会場で売られているCDをご両親に買っていただき繰り返し聴くようになりました。
よほどそのピアニストの演奏が衝撃だったのでしょう。
「いつかベートーヴェンの月光が弾きたい!!」
そう私に教えてくれたのは確かその男の子が小学校3年生の時。
小学校を卒業する頃には「いつか弾きたい曲リスト」にベートーヴェンだけでなく
ショパンやリストなど色々な作曲家の曲が並んでました。



知っている曲でも知らない曲でも

あの曲が弾きたい!!
ああいう風に弾いてみたい!!

コンサートに行った帰り道、もしそんな気持ちになれたら、
コンサートチケットの何倍もの価値があると思うのです。
憧れを持つことが上達への近道!!
間違いなく今まで以上に向上心を持って練習に向かえますよ!!


<注意>
コンサートは未就学児入場不可であることが多いです。
(大きなホールだと親子室を設けている所もあり、
未就学児は(赤ちゃんでも)ご家族とそこで聴くことが出来る場合もあります。)
小さなお子さんに生の音楽を聴かせてあげたい場合には、ファミリーコンサートなど
未就学児可のコンサートも最近はよく企画されていますので探してみてください。
また、コンサートに行く前にはコンサートのルール(音が出るものは持ち込まない、演奏中は私語厳禁、等)を
しっかり守れるよう、お子さんに話してあげてくださいね^^
関連記事
スポンサーサイト
18:10  |  モチベーションUP  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |