2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.04.07 (Thu)

練習法~初級編(ディナーミク)



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




楽譜をよーく見ると

f (フォルテ)

mf (メッゾフォルテ)

mp (メッゾピアノ)

p (ピアノ)

など強弱を表す記号がよく出てきますよね。
それら強弱を音で表現することをディナーミク(デュナーミク)と言いますが、
「fって書いてあるから」と言ってただ大きく弾いただけではつまらない音楽になってしまいます。
どんな「大きい」なのか、小さな子供達ならママやパパと一緒に、
小学生くらいのお子さんなら是非自身でよーーーく考えてみてください。


大声でわははははー!!!!と笑ってるフォルテなのか
雷が落ちた時みたいな地響きのする恐ろしいフォルテなのか
どこまでも続くひろーい海を見渡してるフォルテなのか


そのp(ピアノ)はリスくらい?アリくらい?テントウムシ?
しくしく泣いてる小さな女の子の声?
何やら悪巧みしているいたずらっ子が声を押し殺して耳元で囁く楽しそうな声?
それとも真っ暗な空にひとつだけ美しく光る小さな小さな星が瞬くような音?


考えるだけでどんな音にしようかワクワクしてきます


その考えたひとつひとつの音が、ステージに上がった時ちゃんとお客様に届いて映像が広がるような演奏になります。


ただ大きく
ただ小さく
ではなく、どんな風に大きいのか、どんな風に小さいのか、
質感や温度まで鮮明に考えてみてください。
きっと素敵な演奏になることと思います

フォルテ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

14:48  |  練習法~初級編  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |