2016年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2016.01.16 (Sat)

練習法〜上級編②〜



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




音を一切出さない練習

という方法をご紹介します。
美音で有名な伝説のピアニスト ミケランジェリがしていたという練習方法です。


どなたもきっとピアノの先生から
ゆっくり練習しなさい!!
という言葉をイヤと言うほど聞いていると思いますが、この練習方法ではその10倍、いや50倍くらい超スローモーションで練習します。


どう練習するかと言うと、まさに言葉の通りなのですが、実際に音を出さないように弾きます。

鍵盤ひとつだけ
くらいなら慎重に慎重にゆっくりと打鍵すれば小さな子供でも音を出さないことは可能です。
ただ、曲を両手で弾いて一切音を出さず となるとかなりの集中力と忍耐力を要します。
初めてこの練習方法を聞いて試してみた時は、弱い指は少し気を抜くとすぐ音が鳴ってしまってやり直しやり直しの連続で、半ページ弾くのに30分もかかってしまいました^_^;
私の乏しい忍耐力では曲の最後までたどり着くことすら至難の技。
でも、ゆーーーーーっくり打鍵することで、鍵盤がカクンとなる所(俗にアフタータッチと言われる所。残念ながらアップライトピアノにはこれがありません)をひとつひとつ認識できますし、鍵盤を叩いて弾くことが出来なくなります。
(叩くと一瞬で音がグチャ!!とつぶれ、汚い音になってしまいますよね。「鍵盤を叩かない!!」とよく怒られたものですw)
不思議とゆーーーーーっくり練習すると速く弾けるようにもなります。
ミスタッチもかなり減るような気がします。
そして何より鍵盤のタッチに対する意識が格段に変わります。
きっとミケランジェリの美音はこの練習の賜物だ!!
と確信してしまうほど効果の高い練習方法だと思います。


※この練習方法はアップライトピアノ・電子ピアノでは出来ません。グランドピアノのようにアフタータッチ(鍵盤の深さ半分あたりでカクンとなる所)がない為です。でも指先で鍵盤のそういった感覚を覚えることはとても大切と思いますから、グランドピアノをお持ちでない方もぜひグランドを弾く時に試してみてください。




ということで、私は最近子供が寝た後に黙々とこの練習に励んでます。
音が出ないから真夜中でも出来る!!

ただ…いかんせん時間と精神力を大量に要します(-_-)
スポンサーサイト
00:27  |  練習法  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.09 (Sat)

弾きたい曲リスト



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




皆様 明けましておめでとうございます。
今年も皆様が、皆様にとってより良いピアノライフを送れますよう、心よりお祈り申し上げます。


さて、年始ということで新年の抱負を描かれた方も多い事と思います。
今年は○○するぞー!!
○○試験に合格するぞー!!
毎日○○するぞー!!
もしかしたらピアノに関する目標を立てられた方もいらっしゃるかもしれませんね。

うちの教室では新年1回目のレッスンでよく生徒さんとピアノに関するこの1年の目標、
そして

いつか弾きたい曲リスト

の話をします。

「いつか弾きたい曲ある?」
と聞かれた時、その答えは様々です。
「○○ちゃんが弾いてたエリーゼのためにが弾きたい」
「ショパンのポロネーズ弾いてみたい」
「友人の前でサラッと弾ける短いけどオシャレな曲をレパートリーに持ちたい」
中には、次々曲名が出てきて止まらなくなる子もいます。
この「いつか弾きたい曲」を持つ事は、ピアノを続けていく上でとても強いモチベーションになります。
今年すぐ弾けなくてもいいんです。
2年後、3年後、もしくは5年後、10年後、
強く憧れたその曲を弾く自分の姿を想像する事で、今何をすべきか、今年どれくらい頑張ればいいかが見えてくるはずです。
先生に宣言しておくのも良いかもしれませんね。
私いつか◯◯が弾きたいんです!!
と生徒さんがやる気を見せてくれるのは嬉しいことです。
こういう曲が好きだったんだ と知らなかった側面が見えることもありますし、じゃあ数年後の発表会でその曲を渡そうかな と考えるきっかけになったりもします。

また、弾きたい曲がない場合でも悲観することはありません。
まだ感動する曲に出会ってないだけかもしれません。
たくさんコンサートに足を運んだり、お友達の発表会やコンクールの応援に行ったりしている内に、きっと心を動かされる曲に出会うと思います。

私自身が初めて強烈に「弾きたい!!」と思ったのは小学5年生の時でした。
同門の高校生のお姉さんが弾く月光3楽章(ベートーヴェン)に衝撃を受けて、お小遣い握り締めてすぐ月光の楽譜を買いに走りました。(弾けもしないのに。笑)


2016年、今年はどんな「弾きたい曲」に出会えるのか、楽しみですね^ ^
弾きたい曲ばかり山積みになってきて、生きてる間に全て消化出来るかどうかという心配も浮上していますがf^_^;
23:22  |  モチベーションUP  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |