2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.02.20 (Mon)

ソルフェージュとは?



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




ピアノを習っている人、もしくはこれから習おうと思っている人なら一度は耳にする言葉「ソルフェージュ」。

「ネットで調べたんですけど、わかったようなわかってないような…やっぱりよくわかりません(>_<)」
という話を保護者の方からたまに聞くので、今日はソルフェージュについて書いてみようと思います^ ^


もともとは“楽譜を見て歌うこと”をソルフェージュと言います。

音符を読んで
ミーレドレミミミー

はい、これで立派なソルフェージュ。




…とは言えないんです!!


ソルフェージュをやっていくと、楽譜をもっと深く読み解くことが出来るようになり、もっともっと音楽がイキイキと躍動するように表現する事が出来るようになります。



ひと口に“楽譜を見て歌う”と言っても、まず音符を読めないといけない、リズムもわかってないと。
拍子の感覚や抑揚のつけ方、呼吸、強弱や表現に関する記号があれば勿論それらも知っていないと作曲者の意図とは違う歌い方になるかもしれないし、音符で書かれた旋律やハーモニーを歌で再現するなら音感、耳の力も必要。


これらの事から、“楽譜を見て歌う”から発展して、“音楽の総合的な基礎学力”のことをソルフェージュと言うようになりました。


上手に弾けない

あるレベルから急に進まなくなった

楽譜を読むのにすごく時間がかかる

こんな悩みがある場合、ほぼ9割がソルフェージュ力不足と言っても過言じゃないかも。
(もちろん違う原因なこともあります。)

楽譜を見てピアノを弾く

これの繰り返しだけではソルフェージュの力は育たないんです…。

声に出して歌ったり、リズム打ちしたり、音を聴いて音符を書いたり、ハーモニーを聞き取ったり、
他にもいろーんな事をやっていく内に少しずつ基礎力がついていき、
いつしかピアノの演奏も音楽的になっていきます。


先ほどの
ミーレドレミミミー
も、ただ音符を読んだだけの棒読みな表情のない歌よりも、拍感を持って、リズミカルに、なんだか楽しげな声色で軽快に歌うと、聴いているこちらまで楽しくなってくるほど音楽そのものが躍動しますよね。


聴力が育つ幼少期にしっかりとソルフェージュをやりつつ、簡単な楽譜でいいので音楽的に弾く力を付けていくと、自然と音楽的な表現も向上していくと思います。

指の力が成長するのは聴力の発達よりも少し後なので、テクニカルな事はソルフェージュの基礎を築いてからでいいかなーと個人的には思ったり。



で、その大事な大事なソルフェージュをピアノレッスン内でやろうとすると、レッスンがソルフェージュだけで終わりかねないというピアノの先生あるある。(笑)

ソルフェージュのみをしっかりと教えてくださる教室もありますし、
ピアノとソルフェージュを別日に教えてくださる教室もあります。

うちはレッスン内でソルフェージュもやるという無謀スタイルなので(笑)、書く宿題や歌う宿題がやたらと多かったりします。

拍子記号と簡単な音符を習ったら、リズム譜を好きなように作ってくる宿題を出したりしますが、昨日はビックリ!!
4歳年少さんのかわいいかわいい男の子に「4分の4拍子で4小節の音楽作ってみよう」という宿題を出したら、
「作るの楽しかった〜!」
って4分の4拍子だけじゃなく、4分の3拍子も4分の2拍子も、4ページに渡ってモリモリ作ってきてくれました!!

全休符や二分休符知らなくたって、四分休符でなんとでもなってる!!すごい!!(≧∇≦)




演奏には、拍を感じる指揮者のような役割の冷静な自分も必要と言われますが、ソルフェージュを少しずつ進める中で拍子感が少しずつ培われ、きっと彼の中には小さな指揮者さんがちゃーんと育ってきてるんだなぁととっても嬉しくなりました。

ちなみに、聴音やリズム感は大人になってからは養うのは難しいと言われますが、ある程度までは訓練で習得可能と個人的には思います。


これからもソルフェージュを無理矢理レッスン内でやっていきますのて、保護者の皆様ご協力よろしくお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ ジャンル : 音楽

10:00  |  ソルフェージュ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |