2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.04.17 (Mon)

コンサートに行こう!!(耳で聴いてる音楽は、音楽のほんの一部分らしい)



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




先週末は東京芸術劇場で行われた協奏曲の祭典に行ってきました


image2.jpg



エルガーのチェロ協奏曲
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番
ブルッフの2台ピアノのための協奏曲
ブラームスのヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲

というなんとも豪華なプログラム!!

レッスン終わって主人に子供を託して猛ダッシュで池袋に向かったものの
前半は間に合わず_| ̄|○
後半のブルッフから堪能しました♡
藤井先生と白水先生のブルッフは、冒頭から会場の空気が2台のピアノの音色の中にスーッと吸い込まれていくような錯覚を覚え、なんとも美しい世界が広がって感動しました。

一緒に行っていた生徒も生の協奏曲からたくさんのことを学んでくれたようで
よかったよかった


image1.png




事あるごとに「コンサートに足を運んでね!!」と言っていますが、
今の忙しい小学生や中学生を連れて、時間もお金もかけて、いろんな事の段取りもして、わざわざ会場に行く
という事が世のお母さんお父さん方にとってどれだけ大変か、
本当によくわかります(´・ω・`)

でも!!

それでも行って欲しい!!(やっとここから本題)

なぜなら、生のコンサートでしか味わえない音があるから。

生で聴くと感動した!という経験ありますよね?
これは証明されていて、音楽というのは耳を使って聴いているのはごく一部で、
本来は体の表面、皮膚から聴いているんだそうです。
音は空気の振動なので、コンサートに行くと耳だけでなく、生の楽器が発する振動を体全体の皮膚で音楽を感じ取っているわけです。
わかりやすいところだと、
ロックのコンサートなんかだと重低音が内臓に響き渡ったりしますよね。
生のクラシックコンサートだとCDでは聴こえない倍音が豊かに響き渡っていて
それを全身に浴びる。
あの体全部で聴く感じ。
だから耳という聴覚器官のみを使って聴くCDよりも、
深い感動を感じ取ることができるんだそうです。

CDや動画サイトで簡単に音楽は聴けますが、それは耳だけを使って聴いているので
音楽の一部分を切り取って聴いているようなものかもしれません。(ちょっとオーバー?)


音楽の世界を身体全部で感じる経験が、きっとピアノを素敵に演奏する手助けになると思います。
ぜひぜひ生のコンサートに足を運んでください(´・∀・`)
お子様をお持ちのお父さんお母さん、ぜひぜひお子さんに
音楽を全身で浴びる経験をさせてあげてください。
きっと財産になります。
スポンサーサイト
12:37  |  モチベーションUP  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.11 (Fri)

音楽マンガ



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




私の趣味は映画と読書と公言しております。
子供が出来てからはどちらも少し滞っていますが、それでも時間があれば出来るだけ雑食に楽しんでます。
同じく映画大好きな友人に言わせると
「趣味が映画と言っていいのは年間300本からじゃー!!」
ということなので、現状映画は趣味と言ってはいけないのかもしれませんがwww


映画も読書もなるべくジャンルが偏らないよう色々な作品を万遍なく見ますが
どうしても音楽ネタを手に取る事が多くなってしまいます。
必ずと言ってよいほど音楽ネタの映画を見た後や本を読んだ後は
よーし!!練習するぞー!!
と原因不明の瞬間的モチベーションUPにつながります。
大人でもこうですから子供たちはなおさらのことと思います。

ということで今日は簡単に子供のモチベーションUPに繋がるマンガのご紹介



「のだめカンタービレ」
言わずと知れたピアノ漫画の名作。
漫画のみに留まらずアニメにもドラマにも映画にもなりました。
この作品がアニメになった頃
「のだめちゃんが弾いてたシューマンが弾きたい!!」
「ラヴェル弾きたい!!」
という生徒が続出しましたw


「ピアノの森」
こちらも有名ですね。
町外れのピアノの森で育ったカイが様々な人と出会い、人として、ピアニストとして、成長していく姿が描かれています。
作品中カイが出場するショパンコンクールには実存するピアノ界の大御所やピアニスト達をもじった名前が次々登場します。
これをきっかけに実際のショパンコンクールにも興味を持つ方も多いのではないかと思います。


「四月は君の嘘」
中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いに共鳴し合いながら成長していく模様を描いた作品。
実写版がもうすぐ公開ですね!!
(ただし映画版は設定が中学生から高校生に変わっているそうです・・・)


「この音とまれ!」
これはピアノではなく筝(こと)漫画です。
高校の筝曲部を舞台に、筝初心者の不良高校生の主人公、天才筝奏者の同級生、廃部寸前の筝曲部に集まった友人たちがトラブルを乗り越えつつ皆で全国大会を狙っていきます。
楽器は違えど、これを読むと急激にアンサンブルがしたくなります!!
誰かと共に音楽をする事がこんなにも楽しいんだ!!と連弾熱が急上昇すること間違いなし
同じく和楽器を題材にした作品で津軽三味線の「ましろのおと」も熱くて良いです!!



クラシックにこだわらなければバンドものや合唱ものもたくさんありますが止まらなくなるのでまたそのうち・・・。
そして映画にいたっては三日三晩語ってしまいそうなほど面白いクラシック題材の作品が山のようにありますのでそれもまたそのうち・・・(笑)

14:28  |  モチベーションUP  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.09 (Sat)

弾きたい曲リスト



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




皆様 明けましておめでとうございます。
今年も皆様が、皆様にとってより良いピアノライフを送れますよう、心よりお祈り申し上げます。


さて、年始ということで新年の抱負を描かれた方も多い事と思います。
今年は○○するぞー!!
○○試験に合格するぞー!!
毎日○○するぞー!!
もしかしたらピアノに関する目標を立てられた方もいらっしゃるかもしれませんね。

うちの教室では新年1回目のレッスンでよく生徒さんとピアノに関するこの1年の目標、
そして

いつか弾きたい曲リスト

の話をします。

「いつか弾きたい曲ある?」
と聞かれた時、その答えは様々です。
「○○ちゃんが弾いてたエリーゼのためにが弾きたい」
「ショパンのポロネーズ弾いてみたい」
「友人の前でサラッと弾ける短いけどオシャレな曲をレパートリーに持ちたい」
中には、次々曲名が出てきて止まらなくなる子もいます。
この「いつか弾きたい曲」を持つ事は、ピアノを続けていく上でとても強いモチベーションになります。
今年すぐ弾けなくてもいいんです。
2年後、3年後、もしくは5年後、10年後、
強く憧れたその曲を弾く自分の姿を想像する事で、今何をすべきか、今年どれくらい頑張ればいいかが見えてくるはずです。
先生に宣言しておくのも良いかもしれませんね。
私いつか◯◯が弾きたいんです!!
と生徒さんがやる気を見せてくれるのは嬉しいことです。
こういう曲が好きだったんだ と知らなかった側面が見えることもありますし、じゃあ数年後の発表会でその曲を渡そうかな と考えるきっかけになったりもします。

また、弾きたい曲がない場合でも悲観することはありません。
まだ感動する曲に出会ってないだけかもしれません。
たくさんコンサートに足を運んだり、お友達の発表会やコンクールの応援に行ったりしている内に、きっと心を動かされる曲に出会うと思います。

私自身が初めて強烈に「弾きたい!!」と思ったのは小学5年生の時でした。
同門の高校生のお姉さんが弾く月光3楽章(ベートーヴェン)に衝撃を受けて、お小遣い握り締めてすぐ月光の楽譜を買いに走りました。(弾けもしないのに。笑)


2016年、今年はどんな「弾きたい曲」に出会えるのか、楽しみですね^ ^
弾きたい曲ばかり山積みになってきて、生きてる間に全て消化出来るかどうかという心配も浮上していますがf^_^;
23:22  |  モチベーションUP  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.05.18 (Mon)

コンサートに行く効果



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




突然ですが、ピアノのコンサートやリサイタルに行ったことはありますか?
アンサンブルのコンサートは?
オーケストラは?



コンサートに行って生の音楽を聴く時間



これって、ピアノを続けていく上で、実はとってもとっても大切な事なんです。
行かれた事がない方はぜひ足を運んでみてください。

演奏者の息遣いを感じたり、本当に1台のピアノかと思うほど七変化する音色に感動したり、
運が良ければ、ホールで聴いているのにどこか違う世界へ連れて行ってもらえるかもしれません。

うちの子まだ子供だしクラシックのコンサートなんて・・・・

そんな心配は全く無用です!!
子供だってピアノの音に感動します。
オーケストラの大迫力に驚愕します。
クラシックのコンサートは敷居が高いというのは大人が勝手に作り上げた幻想です。
華やかなドレスをまとって演奏する女性ピアニストに憧れを持つ女の子もいるでしょう。
迸るような男性ピアニストの演奏に衝撃を受ける男の子もいると思います。


ある生徒(男の子)はその子が小さい時からよくご家族でコンサートに行かれていました。
色々なピアニストのコンサートへ行くうちに、ある男性ピアニストの演奏に夢中になり、
会場で売られているCDをご両親に買っていただき繰り返し聴くようになりました。
よほどそのピアニストの演奏が衝撃だったのでしょう。
「いつかベートーヴェンの月光が弾きたい!!」
そう私に教えてくれたのは確かその男の子が小学校3年生の時。
小学校を卒業する頃には「いつか弾きたい曲リスト」にベートーヴェンだけでなく
ショパンやリストなど色々な作曲家の曲が並んでました。



知っている曲でも知らない曲でも

あの曲が弾きたい!!
ああいう風に弾いてみたい!!

コンサートに行った帰り道、もしそんな気持ちになれたら、
コンサートチケットの何倍もの価値があると思うのです。
憧れを持つことが上達への近道!!
間違いなく今まで以上に向上心を持って練習に向かえますよ!!


<注意>
コンサートは未就学児入場不可であることが多いです。
(大きなホールだと親子室を設けている所もあり、
未就学児は(赤ちゃんでも)ご家族とそこで聴くことが出来る場合もあります。)
小さなお子さんに生の音楽を聴かせてあげたい場合には、ファミリーコンサートなど
未就学児可のコンサートも最近はよく企画されていますので探してみてください。
また、コンサートに行く前にはコンサートのルール(音が出るものは持ち込まない、演奏中は私語厳禁、等)を
しっかり守れるよう、お子さんに話してあげてくださいね^^
18:10  |  モチベーションUP  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |