FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.03.06 (Wed)

ご無沙汰しております



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




気付けばもう1年もブログを更新してないだなんて!!
 
ひーーーー(O_O)おそロシア。
 
新年度はマメに更新しようと固く決心を。
 
 
3月に入り、生徒達のレッスン曜日や時間変更などのスケジュール調整、コンペ関係や私自身の勉強の事や2人の子供達の事でテンヤワンヤしておりますが、
新しい生徒さんも数名入会してくださり、
新年度に向けてワクワクしてる毎日です😃
 
4月からはうちの息子も小学生!
あんなワンパク坊主に小学生が務まるのかどうか、母は心配通り越して恐怖しか感じませんが。
 
モーツァルトはこれくらいの年齢の時にはもう神童として演奏旅行を始めています。
 
ありえない…
 
同じ6歳の人間とは思えない…(笑)
 
 
モーツァルトは1756年1月生まれで1762年1月から旅の時代が始まるので、
ちょうど6歳、
年長さんの頃からその後10年間旅が続くわけです。
お勉強は幼少期は父レオポルトが見ていたようですが、
計算を教えると、幼いモーツァルトは机も椅子も壁も床までもチョークで数字まみれにしてしまうほどだったそうです。
 
 
 
どこかにモーツァルトの爪の垢とか売ってないかしら。笑
スポンサーサイト
14:25  |  作曲家  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.09 (Fri)

ベートーヴェンとコーヒー豆



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




インフルエンザと胃腸風邪が大流行ですね
近くの小学校は学級閉鎖が相次ぎ、
うちの教室に通ってくださっている幼稚園の先生の園では
先生方の中でインフルエンザが蔓延し幼稚園が休園だとか
まだまだ寒さが続くようです。
皆さん充分ご自愛くださいね!!


そんな中、レッスンに来てくれている5歳の女の子が
教室に貼ってあったコンサートのチラシにバッハの肖像画を見つけ興味津々。
聞けば、おうちにバッハの伝記があるそうで!!
作曲家について興味を持つことは素晴らしいことですね
作曲家のことを知れば知るほど、演奏への理解がどんどん深まります。


ということで、今日は作曲家についての豆知識を ^^



ベートーヴェンはご存知ですね?
あの音楽室の壁に並んでいる肖像画の中でもかなりインパクトのある
頭爆発してこわーい顏して睨んでるあのベートーヴェン。

肖像画通り恐ろしく気難しい性格な上、
生徒が音符を間違えて弾こうものなら楽譜を破り、部屋中追っかけまわして怒鳴り散らしてたそうです。



恐ろしすぎる。。。(笑)



そんなベートーヴェンには毎朝の日課があったようです。
今で言うルーティーンってやつですね。
それは


60粒のコーヒー豆を挽く

こーひー



59粒ではダメ。

61粒でもダメ。

どんなことがあっても必ず60粒。



毎日毎日朝から豆を60個数えるってなんちゅうめんどくさい男やねん!!



でもこの几帳面さ、神経質さ、繊細さ、
それがきっと彼の作る音楽の節々に表れていると思うのです。
ベートーヴェンの書いた「f」はきっと彼の中で確固たる「f」であって、
中途半端なテキトーで浅はかな「f」ではいけない気がしてきませんか?



作曲家の勉強ってむかーし音楽の授業で

ベートーヴェンはドイツのボンに生まれ~・・・

ってテストで覚えたりしましたが、
そんなことよりも(いや、ドイツのボンで生まれたこともめちゃめちゃ大事なのですが!!)
どんな人だったのか、どんなことが好きでどんなことが嫌いだったのか、
どんなお部屋に住んでて、何を着てたのか、
毎日どんなことを考え、どんな生活をしてたのか、
そんなことを知れると、もっともっとベートーヴェンの曲を弾くのが楽しくなってきます。


今弾いている曲を作ったのはどんな人なのか、
今一度調べてみると、ピアノが上達するヒントが隠されてるかもしれませんね。



それにしても、無類のコーヒー好きだったらしいベートーヴェン。
私もけっこうコーヒー好きですが、60粒って絶対薄いですよね・・・・。
あ、ベートーヴェンのことだから煮出したりしてたのかしら・・・・。
23:56  |  作曲家  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |