2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.08.28 (Mon)

『ファンタジア』



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




今回のおススメはディズニーの『ファンタジア』

クラシックの名曲に親しみやすいアニメーションを融合した、セリフのない音楽映画です。

ミッキーのジャケットだからと言ってディズニーアニメと思って観られた方はびっくりするかもしれません。
ミッキーの登場は「魔法使いの弟子」のみの、わずか数分(笑)

しかしながら、芸術性の高さとストーリー性あるアニメーションを見事に連動した、
いわばディズニーの野心作と言えるのではないでしょうか。

演奏はフィラデルフィア管弦楽団、指揮はストコフスキーです。

収録曲は
トッカータとフーガ ニ短調(バッハ)
くるみ割り人形(チャイコフスキー)
魔法使いの弟子(デュカ)
春の祭典(ストラヴィンスキー)
交響曲「田園」(ベートーヴェン)
時の踊り(ポンキエッリ)
禿山の一夜(ムソルグスキー)
アヴェ・マリア(シューベルト)

の計8曲。

ふぁんたじあ

なんと制作が1940年!!Σ【゚Д゚】
ただただもう、この作品が70年以上も前に作られたという事実が驚愕。
今でこそ音楽と映像をリンクしたプロジェクションマッピングなどが普通に楽しまれていますが、
これぞ元祖であり、頂点ではないかと思っています。


現代のディズニーアニメに慣れちゃってる子供には難しいかなぁ・・・と思いきや
うちの4歳息子はデビルマンみたいな悪魔が登場する禿山にかじり付きでした。
(そして観た後はダーーーンダーーーン!! ダーンダーンダーンダーーーーーン!!
って悪魔になって部屋飛び回るのに付き合わされる・・・・っていうお決まりのパターン)
冒頭のバッハやくるみ割りは飽きちゃってダメでしたが(^ω^;)

その禿山の魔界的世界からアヴェマリアの「静の世界」への移り変わりがなんとも大人視点では素敵だったりします。
あと、「春の祭典」の宇宙の中から地球誕生、そして海の中で生物が生まれ恐竜の時代へ 
という大きなスケールでのアニメーションも音楽との連動性が面白く、見入ってしまいます。

チェレスタの音色で妖精が飛んで行ったり、
ティンパニの迫力ある音で恐竜が倒れたり、
ヴァイオリンのピチカートで動物が跳ねたり踊ったり、
音楽を視覚で感じる事の出来る、大人も子供も楽しめる作品です
スポンサーサイト
13:31  |  おすすめ音楽映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.25 (Fri)

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




今回のおススメ音楽映画は
『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』

きゃーーーーー!!!!出ました!!!!
ギャレット様ーーーー!!!!ヽ(゚∀゚)ノ


ぱがにーに


内容はタイトル通り、
悪魔に魂を売ったと言われるヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニの伝記映画です。

ピアノの魔術師と呼ばれるフランツ・リストが
「僕はピアノのパガニーニになる!!」
と言ったあのパガニーニですね。

ヴァイオリン界だけに留まらず、ピアノ界にも多大な影響を与えた人物です。
パガニーニをモチーフに作曲されたものは、
リストのパガニーニの練習曲、ブラームスのパガニーニの変奏曲、
シューマンもラフマニノフもルトスワフスキも・・・・思いつくだけでもかなりあります。


この映画は一応伝記映画の部類には入るんでしょうけれど、かなり脚色されてはいます。
セットも予算足りなかったのか貧相だったりします。


でも!!

そんなことは全く気にならない!!

だってパガニーニを演ずるのは
クラシック界のベッカムとも言われるディヴィット・ギャレット様だから!!(笑)

超絶技巧で聴くものを魅了する演奏、
パガニーニの逸話に残る弦1本で聴衆を虜にする場面や
コンサートでばったばた女性が失神する場面
博打好きで女性にだらしない所も
ギャレット様以外、誰がパガニーニを演じられるであろう・・・

それほど画面に目が釘付けになってしまう作品です。


あれ?
なんかすごいミーハーな薦め方になってますね

いや、ギャレット様の本領は美貌ではなく、やはりヴァイオリンなのですが、
作品中ではパガニーニのカプリスやカンパネラ、ヴェニスの謝肉祭などパガニーニ作品だけではなく
モーツァルトのトルコマーチ、シューベルトの魔王などもとっても魅力的に挿入されており
思う存分音楽に熱狂できる作品になっています。

クラシックというよりは、パガニーニの速弾きとストーリーの展開の速さも相まって
ロックオペラを見てるような感覚になりました。

思い出すとまた観たくなってきます。
パガニーニの、もといギャレット様の魅力すごいです。


15:31  |  おすすめ音楽映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.24 (Thu)

『心が叫びたがってるんだ。』



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




遅ればせながら撮り溜めしてた『心が叫びたがってるんだ。』を観ました



kokosake



あ、実写版は観てません。すみません(´・ω・`)


なんの前知識もなく、ただ気になって録画していただけなんですが、
ストーリーは勿論のこと、
これは音楽好きにとってもなかなか面白い作品でした(´・∀・`)


心の中に何かしら抱えた4人の高校生が、
クラスで開催することとなったミュージカルをきっかけに自らの殻を破っていく清々しい作品なのですが、
作品中に散りばめられた名曲の数々がきっと誰しも一度は耳にしたことのある音楽ばかりで
しかもそれにちょっと風変わりな歌詞が付いっちゃってたり、
面白くアレンジされてたり、
うん、素直に楽しめました


どんな曲が流れるかというと

映画 80日間世界一周より「Around The World」とか
私の大好きなガーシュウィンの「サマータイム」や「スワニー」や
これまた大好きな「グリーンスリーブス」とか

ベートーヴェンのピアノソナタ8番 「悲愴」第2楽章(op.13)と
映画 オズの魔法使いの「Over The Rainbow」(「虹の彼方に」)が同時に流れるという
ピアニスターHIROSHIかよ!!(知ってます?)的なアレンジになってたり、
ピアノ経験者の9割が弾いたであろうブルグミュラーの「アラベスク」がミュージカルで歌われてたり。

そうそう、この「アラベスク」の歌が映画観た後もしばらく無意識で歌ってしまうほどでした。
あの最初の「ラシドシラ ラシドレミ」の印象的なメロディーに
「頭悪い うるせぇな! 顏も悪い ほっとけよ!」
って、ブルグミュラー聴いたら怒られんで!!みたい歌詞でしたが。笑 



何の気なしに気分転換に観たつもりが、見終わった後、
あぁ、音楽ってもっと自由でいいんだった 
って視界がパーっと開いた気分になりました。


それにしても、おススメ音楽映画ってカテゴリを作ってはみたものの、
薦めたい映画は山のようにあるけど書く時間がない!!
そろそろ生徒達の発表会の選曲も始めなければ!!


17:33  |  おすすめ音楽映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.11 (Thu)

ピアノを始めるきっかけは?



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




先月、小学1年生の男の子が入会してくれた時の事
「なんでピアノやりたいと思ったの?」
と聞くと
「シングのゴリラがかっこよくて」

おぉー!!
映画の『SING』かー!!
ちょっと気になってたんですよね。
映画マニアの私としては音楽映画は観ないわけにいかない!!

ってことで、私も息子と映画館行ってきました。

映画  『SING』
  ↑
★注意★ページを開くと予告が始まります。音量にご注意くださいm(_ _)m


クラシックからHIP HOP、ヴァンヘイレンにフランクシナトラにビートルズにレディ・ガガ
音楽って素晴らしい!!がいっぱい詰まった愛が溢れる作品でした

SING


で、前述の男の子がピアノをやりたい!と思うきっかけとなった劇中のゴリラ、
決してもともとピアノが得意なわけでも上手なわけでもないんです。
毎日毎日遅くまで練習して教えてもらって、少しずつ上達していく。
そしてとってもハートフルかつパワフルなステージへと結びついていくんですが、
なんだか「へーーーー!!!!」と思ってしまいました。
ピアノをやりたいと来てくれた男の子、
この努力家のゴリラがパワフルにステージでピアノを弾いて歌う姿に憧れを持ってくれたんだー!!と。
とっても嬉しいです。
この男の子が早くあんな風にかっこよくピアノを弾けるように、全力でレッスンしなければ!と襟を正した次第です。


ピアノを始めるきっかけって、本当にちょっとした好奇心だったりちょっとした憧れだったりしますよね。
私もきっかけは憧れでした。
近所のYAMAHAでデモ演奏していたお姉さん見て「私もあんな風に弾きたい!」と。
親に頼み込んで翌週にはもうそのYAMAHAにレッスンに通い始めていました。(笑)早い。


どこにきっかけが落ちているか、はたまたきっかけというのは必然的に起こるものなのかわかりませんが
子供が憧れや興味を持って目を輝かせてワクワクしていたら、きっと始めるきっかけなのでしょうね
15:25  |  おすすめ音楽映画  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |