2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.17 (Mon)

コンサートに行こう!!(耳で聴いてる音楽は、音楽のほんの一部分らしい)



松戸市八ヶ崎にてピアノ教室を主宰している遠藤千恵です。

ピアノ教室への入会ご希望の方はこちら
☆無料体験レッスンも行っています☆




先週末は東京芸術劇場で行われた協奏曲の祭典に行ってきました


image2.jpg



エルガーのチェロ協奏曲
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番
ブルッフの2台ピアノのための協奏曲
ブラームスのヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲

というなんとも豪華なプログラム!!

レッスン終わって主人に子供を託して猛ダッシュで池袋に向かったものの
前半は間に合わず_| ̄|○
後半のブルッフから堪能しました♡
藤井先生と白水先生のブルッフは、冒頭から会場の空気が2台のピアノの音色の中にスーッと吸い込まれていくような錯覚を覚え、なんとも美しい世界が広がって感動しました。

一緒に行っていた生徒も生の協奏曲からたくさんのことを学んでくれたようで
よかったよかった


image1.png




事あるごとに「コンサートに足を運んでね!!」と言っていますが、
今の忙しい小学生や中学生を連れて、時間もお金もかけて、いろんな事の段取りもして、わざわざ会場に行く
という事が世のお母さんお父さん方にとってどれだけ大変か、
本当によくわかります(´・ω・`)

でも!!

それでも行って欲しい!!(やっとここから本題)

なぜなら、生のコンサートでしか味わえない音があるから。

生で聴くと感動した!という経験ありますよね?
これは証明されていて、音楽というのは耳を使って聴いているのはごく一部で、
本来は体の表面、皮膚から聴いているんだそうです。
音は空気の振動なので、コンサートに行くと耳だけでなく、生の楽器が発する振動を体全体の皮膚で音楽を感じ取っているわけです。
わかりやすいところだと、
ロックのコンサートなんかだと重低音が内臓に響き渡ったりしますよね。
生のクラシックコンサートだとCDでは聴こえない倍音が豊かに響き渡っていて
それを全身に浴びる。
あの体全部で聴く感じ。
だから耳という聴覚器官のみを使って聴くCDよりも、
深い感動を感じ取ることができるんだそうです。

CDや動画サイトで簡単に音楽は聴けますが、それは耳だけを使って聴いているので
音楽の一部分を切り取って聴いているようなものかもしれません。(ちょっとオーバー?)


音楽の世界を身体全部で感じる経験が、きっとピアノを素敵に演奏する手助けになると思います。
ぜひぜひ生のコンサートに足を運んでください(´・∀・`)
お子様をお持ちのお父さんお母さん、ぜひぜひお子さんに
音楽を全身で浴びる経験をさせてあげてください。
きっと財産になります。
スポンサーサイト
12:37  |  モチベーションUP  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT